Feature

オンライン授業ツール
FAMcampusの特徴

新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、急速にオンライン授業が普及しました。
オンライン授業ツールには、Zoom/Google Meet/Microsoft Teamsなどに代表されるWeb会議ツールが活用される中、
授業や講義が終わると、休憩時間には質問や雑談の機会が失われてしまいました。
FAMcampus(ファムキャンパス)は、オンライン授業で顕在化したコミュニケーション課題を解決すべく、
education+technologyで開発されたおすすめのオンライン授業ツールです。

FAMcampusをつかえば、対面時とまったく変わらない双方向型のオンライン授業環境が再現できます。
既存のオンライン授業ツールと比較して、授業前後の生徒同士や先生と生徒とのコミュニケーションが活性化します。

コロナウイルスの影響に関わらず、自宅や遠隔地域からみんなが通える効率的で新しいオンライン授業ツールです。

オンライン授業ツールのFAMcampusで
なぜ、楽しい、たくさんコミュニケーションが生まれるのか?

FAMcampusでは独自の仮想空間内で、授業はもちろん、自習や、先生への個別質問、友達とのチャットなどを展開します。
それにより、勉強仲間や先生の存在を対面同様に身近に感じながら、それをモチベーションに学習に取り組むことができます。

ZOOMなど既存のWeb会議システムとの連携はもちろん
気軽なコミュニケーションを生み出すおすすめの機能

学習塾の生徒や先生への調査を重ね、Zoom/Google Meet/Teamsなどの
既存のオンライン授業ツールとの連携や授業外でのリアルタイム双方向コミュニケーションを、
簡単に、かつ気軽に、そして楽しくできるオンラインツールを開発しました。
主な機能は、アバター操作、ビデオ通話、外部Webシステム連携、チャット、画面共有、教材・資料共有です。
音質や映像は、カメラやマイクの性能に依存します。

1

アバターを重ねるだけで始められる
気軽なコミュニケーション

  • 授業の前後に
    気になった生徒を
    個別フォローできます
  • 教室の外でも気軽に
    そして簡単にコミュニ
    ケーションがとれます
  • 生徒1人1人の観察機会が
    増えるから、保護者にも
    質の高い報告ができます

2

周囲からの刺激でやる気アップ

  • 仲間の頑張りを
    見ることで刺激になり
    自身のやる気が高まります
  • 授業の前後にも
    先生に話しかけたり
    相談したりできます
  • 友達との会話で
    リフレッシュする
    ことができます

3

集合授業も個別指導も!
教育スタイルに合わせたフロアを用意

  • 集合授業で使われる多人数が集まれる教室や
    個別指導で使われる仕切り付きの教室を
    用意しています(ミーティングも可能)
  • オンライン教室が可視化されることで
    生徒も授業を受ける意識が高まります

4

毎日が楽しくなる
コミュニケーションが増えるスペース満載

  • 教室だけでなく、休憩スペースや面談席、職員室、廊下も用意してあり、
    コロナ禍でありながらも以前までのオフラインと同じように、教室の外で生徒同士、
    先生と生徒のコミュニケーションをとることができます。
    友達同士でも遠隔にいながらもビデオ通話等で音声と映像によるスムーズな
    コミュニケーションを取ることができます。

5

授業の運用はそのまま!
外部Web会議システム連携

  • Zoom/Google Meet/Teamsに代表されるWeb会議システムと連携が可能です。
    これまでの授業の運用を変えることなく、授業と授業の隙間時間をFAMcampusで補えます。

既存のオンライン授業ツールの課題を補完するFAMcampusは
様々な教育機関でご利用いただけます。

FAMcampusとの併用がおすすめ!
オンライン授業ツールで実現できること

オンライン上での情報共有

一般的には、ネット環境があればどこからでもオンライン授業に参加できます。FAMcampusには、ホワイトボードや資料共有の機能があり、受講中の課題、資料、教材、テキストを共有でき、互いに書き込むことができます。授業や講義内容は、ZoomなどのWeb会議ツールによるLIVE配信や授業録画アーカイブサイトの併用が可能です。LIVE配信では相手のリアクションがみられるため、生徒や学生の集中力やモチベーション低下を防ぐことができます。

時間やコストを削減

ネットの通信環境が整っていれば、在宅のままバーチャル空間へ接続できるので、予備校や大学などへの通塾、通学の時間とコストがかかりません。
配信側も大きな教室を用意する必要がないため、コストが削減できるというメリットがあります。

クラウドツールと画面共有でリアルタイム編集

各デバイスで作成した教材やファイルをGoogleDriveなどのクラウドツールにアップロードして共有することで、班などのグループで共同編集できるようになります。また、画面共有を利用することでもリアルタイムで編集作業を行えるため、オンライン授業ツールには欠かせない機能といえます。

自分のペースで授業を進め、わからない箇所は繰り返し視聴

オンライン授業の中でも、録画配信といったオンデマンド授業であれば、一時停止や巻き戻しなどを自由に行い、自分のペースで授業を進めることが可能です。分からないところは繰り返し動画を視聴し、理解を深めていくことができます。これはライブ配信のオンライン授業では実現が難しいものの、オンデマンド授業なら可能です。

場所を選ばず、効率的に学習機会を提供

インターネットへつながる環境とPCやタブレット端末があれば、講師や教師は場所を選ばず、自宅等で授業配信や課題提出を行うことができます。チャット機能を利用すると質疑応答もできます。また、画面共有機能により同時に大人数での授業も可能です。

6週間の無償トライアル受付中!
お気軽にお問い合わせください

FAMcampusの詳細は、資料をダウンロードしてください。

Contact

ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください

Webからお問い合わせ

お電話でお問い合わせ

0120-964-529

10:00 - 17:00
土・日・祝を除く